どんなものがあるの?有機JASマークのついた有機・オーガニック食品

更新日:

DSC_0001

ベジ太郎
有機JASマークが付いていないと「有機」とは表示できません。

今回はどんな食品に有機JASマークが付いているかまとめてみました。

有機JASマークが付いていないと有機野菜ではない

Jas

 

2001年に法律が変わってから、有機JASマークが付いていないと「有機(オーガニックと同じ意味)」と表示できなくなりました。

有機JASマークは有機栽培された農産物で、有機JAS規格の条件を満たしている食品に付いています。

なお、国の指定する認証検査に合格しなければ有機JASマークを付けることができません。

有機JASマークの認証検査は他の認証と比べて非常に厳しいといわれていることから、有機JASマークが安心と信頼のマークといえます。

有機JASマークが付いている食品は大きく分けると3つで、「有機農産物」「有機畜産物」「有機加工食品」です。

それでは、それぞれの基準と食品例を見てみましょう。

有機農産物の基準

DSC_0005.jpg

有機農産物は、化学合成農薬や化学肥料に頼らずに2年以上土作りをした田畑で作られた農産物であること。

遺伝子組み換え技術を使っていないことが条件です。

また、栽培プロセスをいつでもさかのぼれることも必要です。

例えば、種や肥料などの農業用資材の伝票や購入の記録、畑ごとの栽培記録、収穫記録、出荷記録をつけて、農産物がどこでどのように育てられたかが分かるようにしていなければいけません。

これをする理由はもし何か問題が起きたときに、どこに問題があったかをすぐに分かるようにするためなんです。

それと忘れてはいけないのが、まわりの田畑から農薬が飛んでこないように工夫しなければなりません。

自分の畑では農薬を使っていないのに隣の人の畑が農薬を使っていて、その農薬が風にのって自分の畑の農産物に付いてしまうなんてこともあります。

そうなると禁止されている農薬が付いてしまったので有機農産物として出荷できません。

有機農産物の商品・食品例

  • お米
  • にんじん、玉ねぎ、大根、じゃがいもなどの根菜類
  • ほうれん草、小松菜、レタスなどの葉菜類
  • トマト、きゅうり、パプリカなどの果菜類
  • バナナ、キウイフルーツ、いちごなどの果物類
  • 椎茸などのキノコ類(ごく少数で貴重!)

有機畜産物の基準

YOU72_bokujyouushisan

有機畜産物の条件は4つです。

・エサは主に有機の飼料を与える。
・野外への放牧など、ストレスを与えずに育てる。
抗生物質などを病気の予防目的で使用しない
遺伝子組み換え技術を使わない

これに加えて、有機農産物でもあったように、どのように家畜を育てたかプロセスをさかのぼれるようにしなければいけません。

どのような環境で育てていて、エサはどこで買って与えているかなどを記録しなければいけません。

有機畜産物の商品・食品例

牛肉、鶏肉
※いろいろ調べたのですが、豚肉の有機ってないんですね

有機加工食品の基準

12e41f075281e8e6fc60a3522957cba8_m

有機加工食品は、原材料の95%(水・塩は除く)が有機農産物・畜産物で作られた食品のことです。

加工する工程でも化学薬品を使わないことが原則なので、農産物・畜産物の生産に負けないくらい難しいです。

また、もちろん加工食品の場合も製造プロセスをさかのぼれるようになっていなければなりません。

加工品の原材料は受け入れ担当者が届いた原材料を確認・記録して、在庫管理記録を残しておく必要があります。

製造段階でもどの原材料をどのくらい使って、誰が担当したかを記録しておかなければならないので普通に加工食品を作るよりもたいへんなんです。

有機加工食品の商品・食品例

  • 豆腐、豆乳、納豆、味噌、醤油などの大豆製品
  • 果物や野菜を使ったジュースやジャム
  • パン、パスタなどの小麦製品
  • オリーブオイルなどの油類

まだまだあります。有機加工食品は、加工食品の数だけあるといっても過言ではないです。

有機JASマークのついた野菜や商品はスーパーやネットで買える

IMG_4189

有機JASマークのついた食品は大きめなスーパーや自然食品を扱っているお店で見つけることができます。

価格はだいたい普通の野菜や食品の3割〜5割ほど高めになっています。ただ、スーパーでは取扱いは少ないですね。

また、ネットでは野菜宅配のオイシックス、大地を守る会、らでぃっしゅぼーや、ビオマルシェで買うことができます。

有機JASマークのついた食品は必ずしもおいしいわけではない

驚くかもしれませんが有機JASマークが付いているからといって、おいしいわけではありません。

有機JASマークの検査に「おいしさ」の項目はないですから(笑)。

野菜の場合、スーパーの野菜よりはおいしいのですが、同じ種類の有機野菜でも育てた農家によって味が変わります。

「まぁまぁ、おいしい」という場合もあれば、「おぉ、なんじゃこのウマさは!?」という場合もあります。

個人的には信頼できて、おいしい有機食品を作っている生産者を見つけて、そこから買うのがいちばんだと思っています。

ベジ太郎は有機野菜についてこう思う

huki_1

最近はスーパーの加工品売場や野菜売りで有機JASマークを見かけることが多くなりました。

ただ、その数はまだまだ少なめ。

手軽に有機JASマークの食品を試すなら野菜宅配のお試しセットを利用するのがいちばんです。

個人的に気に入っているのは取り扱っている商品のほとんどに有機JASマークが付いているビオマルシェですね。

DSC_0024.jpg

ビオマルシェの有機野菜はスーパーと比べると値段は少し高めですが、食品の安全にも配慮されているので安心して口に入れることができます。

また、野菜の味も濃くて抜群においしいです。

ビオマルシェの有機野菜を初めて食べたときは「これが野菜の本当の味なんだな」と思いましたね。

それ以来、ビオマルシェの有機野菜のファンになってしまって、定期宅配を利用しています。

ビオマルシェでは有機野菜に興味を持った方向けに国産有機野菜8品が味わえるお試しセットを用意しています。

2,500円相当の有機野菜が1,300円(送料無料)で試せるお得なセットなので一度は味わってみてください。


ビオマルシェのお試しセットを公式ページで見てみる
写真付きビオマルシェのお試しセット体験レビューを見てみる

ベジ太郎

野菜ソムリエ。野菜が好きな料理男子。決して料理おっさんではないと思い込むことにしている。詳しいプロフィールはコチラ

記事したバナー

2018年版 本当におすすめできる野菜宅配ランキング

ベジ太郎が選ぶ野菜宅配ランキング

野菜を食べるのが楽しくなる!オイシックス

野菜を食べるのが楽しくなるのがオイシックスです。

オイシックスはおいしい野菜を地方から見つけてくるのが得意です。「みつトマト」や「トロなす」など今まで出会ったことがないようなおいしい野菜と出会うことができます。20分で完成する調理キットも人気で、「料理や野菜を食べるのが楽しくなる」という口コミが多いです。また、スマホで注文の変更・キャンセルが簡単にできて使い勝手も抜群です。

有機野菜にこだわるならビオマルシェ

ビオマルシェはオーガニックへのこだわりが強く、扱っている野菜の全てが有機野菜(=オーガニック)です。

有機野菜は厳しい有機JAS規格の基準を満たさなければならないので安全性は高いです。また、西日本中心の産地、社内での残留農薬・放射能検査の徹底もしているので安心して口に入れることができます。

野菜も味の濃くておいしいものばかりのなので、有機野菜にこだわるならビオマルシェがいちばんです。

コスパ抜群!らでぃっしゅぼーや

らでぃっしゅぼーやの特徴はコスパがいいことですね。

野菜宅配の野菜の価格を独自に調べたところ、らでぃっしゅぼーやがいちばん安かったです。それなのに野菜はおいしく、安全性、サービスの充実度も高くて総合力のある野菜宅配です。現在、会員数が日本でいちばん多いのも納得ですね。

-有機野菜とは

Copyright© 野菜宅配のおすすめ比較サイト - ベジ太郎の家族と食べたい野菜宅配 , 2018 All Rights Reserved.