どう違うの?よく分かる有機野菜(有機JAS規格)の特徴と基準

更新日:

Shared img thumb HIRA92 kyabetu TP V3

ベジ太郎
食の安全を考えたときに、一度は目にする「オーガニック」や「有機野菜」という言葉。

体によさそうだというのは分かるけど、実際に普通の野菜とどう違うのか分かりづらいですよね。

今回は有機野菜の特徴と基準について書きます。

有機野菜は農薬や化学肥料に頼らずに育てた野菜

Gatag 00013104

「有機栽培」や「オーガニック」という言葉は同じ意味で、「化学合成農薬や化学肥料に頼らずに、有機肥料などを使って土の力を活かして栽培する方法」のことです。

かつての日本は食品の「安さ」が重要視されていました。

それが輸入果物の残留農薬や食品会社の不祥事、放射能の問題などがニュースで取り上げられるようになると、食品の安全が重要視されるようになって「有機野菜」が注目されるようになりました。

昔の日本は有機野菜の基準がなくて言ったもん勝ちだった

有機野菜の取り組みは欧米のほうが早く、有機野菜の認証機関も設立されました。

欧米よりも遅れて有機野菜に取り組んだ日本では、有機野菜の基準があやふやで「有機野菜」の表示を食品メーカーやお店が自分の基準で付けたものがほとんどでした。

いわば「言ったもん勝ち」状態で、有機野菜の信頼性は決して高いものではありませんでした。

有機JAS規格の野菜が登場して基準が統一された

JAS

いまの日本では、勝手に有機野菜と表示して売ると法律で罰せられます。懲役1年以下または100万円以下の罰金!

2001年に法律が変わってからは、第三者機関が検査して認証されないと有機野菜と表示することができなくなりました。

これ以降、有機野菜と表示していいのはJAS(日本農林規格)法にもとづいた「有機JAS規格」の審査に合格した野菜だけとなりました。

有機野菜と名乗る合格しなければいけない有機JAS規格の厳しい検査内容

有機JAS規格の検査はたくさんあるのですが、代表的なものは3つです。

①基準を守って有機野菜を作っている

有機野菜を作るための基準は農林水産省が定めた「有機農産物及び特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に書かれています。

内容としては「化学的に合成された肥料および農薬に頼らず、種まきや苗を土に植え付ける前の2年以上(多年性作物では、有機として最初に収穫する前の3年以上)の間、土作りを行った田畑において作られた農産物」と定義されています。

簡単に言うと「化学肥料や化学農薬を使わずに育てた野菜」ということですね。この基準を守ることが有機野菜の基本となります。

②生産プロセスをさかのぼって特定することができる

もう1つ大切なのは有機野菜を作ったプロセスを全て記録しておかなくてはいけないことです。

・種や苗の購入記録
・田畑ごとの栽培記録
・収穫記録と出荷記録

こうした記録が残されていて、どこでどのように作られた野菜なのかが分かるようになっていなければいけません。

③第三者が検査する

生産者と利益関係がない第三者によって①と②が実施されているかチェックを受ける必要があります。

もっと詳しく有機野菜の基準を知りたい場合はこちらをご覧ください。

有機野菜は安全でおいしい

Shared img thumb 0I9A350615032140wakaranai TP V

スーパーに並んでいる野菜よりも有機野菜は残留農薬の危険性がない

有機野菜はリスクが全くないというわけではありません。

有機野菜の栽培は国が認定した比較的安全な農薬(天然由来で古くから使われているもの)に限っては使用を許可されています。

もちろん有機野菜は化学合成農薬や化学肥料を使わずに栽培されているので、それらを使って育てられたスーパーの野菜よりも安全であることは間違いありません。

2014年にチャールズ・ベンブルック教授が発表した論文では、有機野菜は従来の野菜と比べてカドミニウムと金属汚染物質の量が50%少ないと結論づけています。

あわせて読みたい有機野菜の安全性について本気で考えてみる

有機野菜は味が濃くて本当においしい

有機野菜の「おいしさ」については様々な議論がありますが、ぼくとしては有機野菜のほうがおいしいと感じています。

ただ、同じ野菜でも作る人によって味は変わるので、すっごいおいしい有機野菜もあれば、まあまあおいしいレベルのものもあります。

安全性の部分で紹介した論文には、有機野菜のほうが従来の野菜よりも抗酸化物質が18〜69%多く含まれているということも書かれています。

この抗酸化物質は植物特有の風味を生むため、有機野菜は風味の強い野菜になるとのことです。

有機野菜は野菜の味が濃いというのは、こうした理由のようですね。

あわせて読みたい有機野菜とスーパーの野菜の違いを徹底解説

有機野菜はなかなか手に入りづらい

Gahag 0058746903

有機野菜は野菜全体の0.2%しか作られていなくて、なかなか手に入れるのが難しいです。

以下のサイトでは近くで有機野菜を取り扱っているお店を探すことができます。

参考無農薬野菜販売店マップ 

もし近くにお店がない場合は、「大地を守る会」「オイシックス」「らでぃっしゅぼーや」「ビオマルシェ」といった有機野菜の宅配を利用する方が多いようです。

ベジ太郎は有機野菜の特徴や基準についてこう思う

huki_1

有機野菜の基準や特徴、安全性、おいしさについて書いてきましたが、いちばん大切なことは自分の目と口で確かめることだと思っています。

アメリカのことわざで「 You are what you eat.(あなたの食べたもので、あなたはできている 」というものがあります。

自分の体と家族の体を作る食べ物だからこそ、自分の目と口で確かめて信頼できる農家やお店を見つけることが何よりも大切だとベジ太郎は考えています。

追記 有機野菜の定期宅配を始めました

dsc_0081

野菜のおいしさや安全性をいろいろ調べた結果、有機野菜を届けてくれるビオマルシェで定期宅配を始めました。

届く野菜全てに有機JASマークがついている本物の有機野菜です。

野菜好きな我が家の奥さんも満足しています。

関西(大阪)に住む僕がビオマルシェの有機野菜宅配を選んだ5つの理由

ベジ太郎

野菜ソムリエ。野菜が好きな料理男子。決して料理おっさんではないと思い込むことにしている。詳しいプロフィールはコチラ

記事したバナー

2018年版 本当におすすめできる野菜宅配ランキング

ベジ太郎が選ぶ野菜宅配ランキング

野菜を食べるのが楽しくなる!オイシックス

野菜を食べるのが楽しくなるのがオイシックスです。

オイシックスはおいしい野菜を地方から見つけてくるのが得意です。「みつトマト」や「トロなす」など今まで出会ったことがないようなおいしい野菜と出会うことができます。20分で完成する調理キットも人気で、「料理や野菜を食べるのが楽しくなる」という口コミが多いです。また、スマホで注文の変更・キャンセルが簡単にできて使い勝手も抜群です。

有機野菜にこだわるならビオマルシェ

ビオマルシェはオーガニックへのこだわりが強く、扱っている野菜の全てが有機野菜(=オーガニック)です。

有機野菜は厳しい有機JAS規格の基準を満たさなければならないので安全性は高いです。また、西日本中心の産地、社内での残留農薬・放射能検査の徹底もしているので安心して口に入れることができます。

野菜も味の濃くておいしいものばかりのなので、有機野菜にこだわるならビオマルシェがいちばんです。

コスパ抜群!らでぃっしゅぼーや

らでぃっしゅぼーやの特徴はコスパがいいことですね。

野菜宅配の野菜の価格を独自に調べたところ、らでぃっしゅぼーやがいちばん安かったです。それなのに野菜はおいしく、安全性、サービスの充実度も高くて総合力のある野菜宅配です。現在、会員数が日本でいちばん多いのも納得ですね。

-有機野菜とは

Copyright© 野菜宅配のおすすめ比較サイト - ベジ太郎の家族と食べたい野菜宅配 , 2018 All Rights Reserved.