オイシックスと大地を守る会が統合すると何が変わるのか?

更新日:

ベジ太郎
2017年10月にオイシックスと大地を守る会は経営統合をします。そこで、今回はこの2社が経営統合をした理由や何が変わるのかを解説します。

オイシックスと大地を守る会が統合すると、日本最大級の野菜宅配の会社が誕生する

オイシックスの現在の定期会員数は約14万人で、大地を守る会の会員数は約10万人となっています。

この2社が統合すると、定期会員数は合わせて24万人。

現在、定期会員数がいちばん多い野菜宅配は「らでぃっしゅぼーや」で16万人となっていますが、それを超えることになります。

統合のいちばんの狙いは幅広い世代へのアピールできること

経営統合をするいちばんのメリットは、今までアピールできなかった世代にもアプローチできるようになることです。

主な会員
オイシックス 30代が中心
大地を守る会 40代後半〜60代

オイシックスは40代以降、大地を守る会は30代にアピールできるようになることで、定期会員の増加や売上アップを狙っています。

配送の効率化や生産者ネットワークの強化も行われる

今までは、それぞれの配送センターを使っていたのを一本化するなど配送の効率をよくしてコストを安くすることも狙いに含まれています。

とくにオイシックスは今までヤマトの宅急便をメインに使ってきましたが、統合すれば大地を守る会の自社便のネットワークが使えるのでコストを削減できます。

また、統合すれば自社の生産者(契約農家)だけでなく、相手側の生産者から野菜を仕入れることができるので、野菜の安定供給につながります。

大地を守る会は無農薬で育てられている野菜が多いので、減農薬野菜がメインのオイシックスにとってメリットは大きいですね。

社名は変わるけれど、サービスはオイシックスと大地を守る会で別々の名前で今まで通り行う

統合すると何が変わって、何が変わらないのかをまとめてみます。

統合後の新しい社名は「オイシックスドット大地株式会社」

いちばん大きく変わるのは会社名です。

2017年6月のオイシックスの株主総会で、統合後の正式な社名が決定しました。

「オイシックスドット大地株式会社(英文表記:Oisix.daichi Inc.)」

これが新しい社名になります。

この社名にした意味をオイシックスは次のように説明しています。

日本の企業は「.co.jp」、アメリカの教育機関であれば「.edu」など、ドットの後はドメインを表します。

大地というドメインのうえに、おいしい食卓は成り立ちます。

主にインターネットで安心安全でおいしい食品を提供してきたオイシックスと、40年以上、生産者との絆を築いてきた大地を守る会が経営統合することで、消費者目線と生産者目線の両方を持ちながら、これからの食をつくる企業としてミッションの実現を目指します。

引用:オイシックス プレスリリース

社名変更は2017年7月1日に行われました。

今後の予定としては2017年10月1日に、最終的な経営統合が行われます。

統合後の経営体制は、代表取締役会長が大地を守る会の藤田社長、代表取締役社長はオイシックスの高島社長となります。

オイシックスの高島社長が経営を統括していくイメージですね。

また、本社オフィスも統合に合わせて移転することになります。

移転先は東京の大崎になります。

【補足:新本社オフィス住所】
〒141-8643
東京都品川区大崎一丁目11番2号 ゲートシティ大崎イーストタワー5F

「オイシックス」と「大地を守る会」、それぞれのサービス名は今まで通り

会社の名前は変わりますが、それぞれのサービス名は変更なしで今まで通り運営されます。

将来的には分かりませんが、今のところはオイシックスと大地を守る会という別々のサービス名で展開したほうがメリットが大きいと考えているようです。

急にサービスも統合したら、混乱や反対意見も多そうですしね。

オイシックスで大地を守る会の野菜を買えるようになった

サービス名は今まで通りですが、オイシックスでは大地を守る会の野菜が買えるようになっています。

オイシックスでは2017年4月から取扱いを始めて、少しずつ品目を増やしています。

おそらく、今はまだテスト段階だと思いますが、これがうまくいけば大地を守る会でもオイシックスの野菜や食材なども買えるようになると思います。

ベジ太郎はオイシックスと大地を守る会の統合についてこう思う

オイシックスと大地を守る会の経営統合について、まとめてみました。

簡単に言うと

  • 統合して日本最大の野菜宅配の会社が誕生する
  • 統合すると会員増加やコスト削減などメリットがある
  • 統合後の社名は「オイシックスドット大地株式会社」
  • サービスは統合せずに別々で運営する
  • 現在、オイシックスでは大地を守る会の野菜が買える

商品開発力が強いと言われているオイシックスと、こだわりの無農薬野菜を届けてくれる大地を守る会。

この2つが統合することで、どんな展開になっていくか楽しみですね。

現在、ぼくはオイシックスを利用していますが、個人的には大地を守る会の野菜も注文できるようになったのは嬉しいですね。

ベジ太郎

野菜ソムリエ。野菜が好きな料理男子。決して料理おっさんではないと思い込むことにしている。詳しいプロフィールはコチラ

記事したバナー

2018年版 本当におすすめできる野菜宅配ランキング

ベジ太郎が選ぶ野菜宅配ランキング

野菜を食べるのが楽しくなる!オイシックス

Oisix(おいしっくす)

野菜を食べるのが楽しくなるのがオイシックスです。

オイシックスはおいしい野菜を地方から見つけてくるのが得意です。「みつトマト」や「トロなす」など今まで出会ったことがないようなおいしい野菜と出会うことができます。20分で完成する調理キットも人気で、「料理や野菜を食べるのが楽しくなる」という口コミが多いです。また、スマホで注文の変更・キャンセルが簡単にできて使い勝手も抜群です。

有機野菜にこだわるならビオマルシェ

ビオマルシェはオーガニックへのこだわりが強く、扱っている野菜の全てが有機野菜(=オーガニック)です。

有機野菜は厳しい有機JAS規格の基準を満たさなければならないので安全性は高いです。また、西日本中心の産地、社内での残留農薬・放射能検査の徹底もしているので安心して口に入れることができます。

野菜も味の濃くておいしいものばかりのなので、有機野菜にこだわるならビオマルシェがいちばんです。

無農薬野菜なら大地を守る会

大地を守る会(大地宅配)の設立は40年前で野菜宅配の草分け的な存在です。

おいしくて安全なのはもちろんですが、野菜宅配を通じて環境や日本の農業を守ろうとする姿勢が好印象。扱っている野菜の88%は無農薬野菜で、大手の野菜宅配のなかではトップクラスの取扱い量となっています。

-野菜宅配の選び方

Copyright© 野菜宅配のおすすめ比較サイト - ベジ太郎の家族と食べたい野菜宅配 , 2018 All Rights Reserved.