大地を守る会の農薬基準と無農薬野菜や有機野菜の取扱いを解説

更新日:

ベジ太郎
大地を守る会(大地宅配)は生産者と一緒に農薬の使用基準を作っていて、ほかの野菜宅配よりも厳しい基準で野菜を作っていることが分かりました。

とりあえず公式ページを確認したい方はこちらからどうぞ。
大地を守る会の公式ページを見てみる

大地を守る会は農薬に頼らない農業を広めるためにスタートした会社だから農薬の基準は厳しい

大地を守る会は40年前に「農薬に頼らない安全な野菜を届けよう」という想いからスタートした野菜宅配です。

当時の日本では農薬の使い過ぎで、畑の土や環境に与える影響が深刻になっていました。

それをどうにかしたいと立ち上がったのが大地を守る会の代表の藤田和芳さん。

「農薬の危険性を叫ぶよりも、無農薬で育てた野菜を届けよう」とトラックに無農薬野菜を積んで移動販売から始めたそうです。

当時は無農薬の野菜を食べたくても、どこにも売っていなかったので、たくさんの人から喜んでもらえたとのこと。

こうした想いから始まった大地を守る会だからこそ、農薬の使用基準は厳しいものになっています。

大地を守る会の農薬の使用基準は生産者と一緒に作った厳しい独自基準になっている

大地を守る会では独自に農薬の使用や野菜などの育て方を定めた「大地を守る会有機農産物等生産基準」という基準があります。

大手の野菜宅配であるオイシックスやらでぃっしゅぼーやも独自基準を作っています。

ただし、大地を守る会の独自基準には、他社と大きな違いがあります。

それは、独自基準を生産者達と一緒に話し合って決めたところです。

国や企業が基準を決めて生産者に押し付けるのではなくて、生産者と一緒に自主的な基準を作るべきと大地を守る会は考えたからです。

こうして生まれた大地を守る会の独自基準は、生産者が考えたから甘いんじゃないかと思うかもしれませんが、そうではありません。

大地を守る会の想いに共感した生産者達が集まって作った基準なので、どこよりも厳しい基準といわれています。

一言でまとめるなら「土作りと無農薬・無化学肥料栽培」が大地を守る会の独自基準となっています。

大地を守る会は農薬に頼らないから安全性が高い

大地を守る会は農薬ではなく、さまざまな方法で野菜の病気や虫を防ぐことを基本としています。

ネットで覆ったり、野菜に付く虫の天敵を使ったりなどなど。

それで、どうしても農薬を使わなければいけないときに必要最低限の農薬が使われます。

そうしたときに使われる農薬も、有機JAS規格で認められているとともに昔から使われている自然由来のものだけとなっています。

使われる農薬も、大地を守る会と生産者で毎年話し合って安全性を確かめて、少しでも危険性があるならすぐに使用リストから外すようになっています。

また、農薬だけでなく、環境にいい影響を与えない化学肥料や土壌消毒剤、除草剤も使わないことが大地を守る会の安全性につながっています。

参考大地を守る会:あんしんの約束

大地を守る会は大手の野菜宅配のなかで無農薬野菜や有機野菜の取扱いがいちばん多い

大手の野菜宅配のなかで無農薬野菜や有機野菜を取り扱う割合は、大地を守る会がいちばん多くなっています。

なんと、その割合は88%。

オイシックスやらでぃっしゅぼーやは「減農薬」や「低農薬」を基本としていますが、大地を守る会は「無農薬」を基本にしているためです。

もちろん大地を守る会でも農薬を使用した野菜もありますが、その使用量はごくわずかとなっています。

では、大地を守る会で農薬の使用量を調べるにはどうしたらいいのでしょうか。

お買い物ページで商品の紹介の下側を見ると、必ず農薬の使用状況が書いてあります。

「無」は無農薬、「◯割減」は普通の野菜よりも農薬を◯割減らしている、「有機」は有機野菜ということを表しています。

買い物ページでチェックすると「無」や「無〜8割減」というのをよく見かけるので、農薬に頼らない育て方をしていることが分かります。

また、有機野菜の場合は商品写真の左上に、有機JAS規格のマークが付いているので、これを目印に有機野菜を買えば間違いありません。

ベジ太郎は大地を守る会の農薬の使用基準と無農薬野菜・有機野菜についてこう思う

大地を守る会の農薬の使用基準と無農薬・有機野菜の買い方について解説しました。

大地を守る会は農薬に頼らない農業を広めるためにスタートした会社だけあって、農薬の使用は厳しく制限されています。

それだけではなく、生産者と一緒に独自基準を作って、よりより野菜づくりを目指している会社であることも分かりました。

大地を守る会に興味がある方は、まずはお試しセットで味を確かめてみることをおすすめします。

お試しセットは新鮮な野菜や加工食品、時短ミールキット(合計4000円相当)が入って、半額の1980円(送料無料)で試せます。

スーパーで買うよりも安いくらいなので、この機会に自分の口で味を確かめてみてください。


大地を守る会のお試しセットを公式ページで見てみる
写真付き体験レビューを見てみる

ベジ太郎

野菜ソムリエ。野菜が好きな料理男子。決して料理おっさんではないと思い込むことにしている。詳しいプロフィールはコチラ

記事したバナー

2018年版 本当におすすめできる野菜宅配ランキング

ベジ太郎が選ぶ野菜宅配ランキング

野菜を食べるのが楽しくなる!オイシックス

野菜を食べるのが楽しくなるのがオイシックスです。

オイシックスはおいしい野菜を地方から見つけてくるのが得意です。「みつトマト」や「トロなす」など今まで出会ったことがないようなおいしい野菜と出会うことができます。20分で完成する調理キットも人気で、「料理や野菜を食べるのが楽しくなる」という口コミが多いです。また、スマホで注文の変更・キャンセルが簡単にできて使い勝手も抜群です。

有機野菜にこだわるならビオマルシェ

ビオマルシェはオーガニックへのこだわりが強く、扱っている野菜の全てが有機野菜(=オーガニック)です。

有機野菜は厳しい有機JAS規格の基準を満たさなければならないので安全性は高いです。また、西日本中心の産地、社内での残留農薬・放射能検査の徹底もしているので安心して口に入れることができます。

野菜も味の濃くておいしいものばかりのなので、有機野菜にこだわるならビオマルシェがいちばんです。

無農薬野菜なら大地を守る会

大地を守る会(大地宅配)の設立は40年前で野菜宅配の草分け的な存在です。

おいしくて安全なのはもちろんですが、野菜宅配を通じて環境や日本の農業を守ろうとする姿勢が好印象。扱っている野菜の88%は無農薬野菜で、大手の野菜宅配のなかではトップクラスの取扱い量となっています。

-野菜宅配の選び方

Copyright© 野菜宅配のおすすめ比較サイト - ベジ太郎の家族と食べたい野菜宅配 , 2018 All Rights Reserved.