【わんまいるの評判】メリットとデメリットを徹底解説

更新日:

ベジ太郎
わんまいるの食事宅配の評判を分かりやすくまとめてみました。「簡単」「便利」「おいしい」という評判がある一方で、解凍の手間や味付けを気にする人もいるようです。

とりあえず公式ページを確認したい方はこちらからどうぞ。
わんまいるの公式ページを見てみる

わんまいるは旬の惣菜を急速冷凍して届けてくれる食事宅配

わんまいるは旬の手づくり惣菜を冷凍にして、自宅まで届けてくれる食事宅配です。

基本のおかずセット「健康ディナー」は、主菜1品と副菜2品で400cal以下、塩分3.5g以下となっています。

他社との大きな違いは、「おいしさ」にこだわるからこそ冷凍惣菜を1つ1つ真空パックの袋に入れて届けているところですね。

普通の食事宅配の場合、プラスチックの弁当容器に惣菜が全て入っていて、電子レンジで温めるタイプになっています。

わんまいるは真空パックに入っている冷凍惣菜を、湯せんして解凍するタイプとなっていて普通の食事宅配とは少し違います。

これは真空パックを使うと、食材に圧力がかかって調味料やこだわりの天然だしがよく染み込んでおいしく仕上がるからなんです。

#わんまいる #宅配おかず 冷凍状態で届いたおかずを盛り付けて見た笑 薄味で美味しかったよ♬

チロコナノさん(@chirokonano)がシェアした投稿 -


こうしたこだわりがあって、今ではわんまいるは人気の食材宅配の1つとなっています。

わんまいるの食事宅配のメリット

わんまいるのメリットは、「便利」「おいしい」「健康的」という3つにまとめられます。

わんまいるは旬の惣菜を自宅に届けてくれる

なにより便利なのは、旬の惣菜を自宅に届けてくれること。

わんまいるは宅急便で届くので、いつでも自分の好きな時間に受け取れます。

こうして惣菜を届けてもらえると、自分で買い物に行く回数も減って、時間的にも体力的にも楽チンです。

賞味期限が長いから食べたいときに食べられる

わんまいるの冷凍惣菜の賞味期限は5ヵ月。

5ヵ月もあるから賞味期限を気にして慌てて食べる必要もなく、その人のペースで食べることができます。

また、冷凍弁当タイプと違って惣菜ごとに真空パックになっているので、普段の食卓でちょっと物足りないときに、一品追加するという使い方もできます。

冷凍惣菜の解凍は「湯せん」もしくは「流水解凍」で簡単

冷凍惣菜の解凍は「湯せん」もしくは「流水解凍」となっています。

だいたい5分くらいのものが多いですね。長いものでも10分程度。

皿や箸を用意しているうちに解凍が終わっているくらいです。

普通に料理すると手際よく作っても20分以上はかかるので、この便利さはありがたいですよね。

食材や天然だしにこだわっていておいしい

わんまいるの冷凍惣菜は、おいしさにこだわっている食事宅配です。

  • だしはいりこを中心にカツオや昆布を使用
  • 野菜は有機野菜や無農薬野菜をはじめ、旬の国産野菜を使用
  • 魚介類は市場で直接買い付けたり、漁港と提携したりしている

調理も創業70年の伝統があり、ホテルやデパートに仕出しをしている惣菜専門店が担当。

できたてを真空パック・急速冷凍するので、おいしさが損なわれません。

また、解凍は電子レンジではなく湯せん・流水解凍なので、ふっくらしっとりと仕上がります。

わんまいるはメニューが豊富で飽きない

わんまいるは豊富なメニューで飽きることがありません。

わんまいる公式ページには定期購入の1ヶ月分のメニューが公開されていますが、全て違う主菜と副菜になっています。

毎日、違うメニューが食べられるのは、それだけで楽しみですよね。

新メニューの開発では、わんまいるの社長や惣菜専門店の料理長が実際に試食して、納得したものしか商品化されません。

低カロリーで塩分控えめ、さらに使っている食材が多いから栄養バランスがいい

おいしいだけでなくて、わんまいるは健康面にも配慮してメニューを作っています。

全てのメニューは主菜と副菜を合わせても400cal以下、塩分も3.5g以下となっていて、健康的で血圧や血糖値などが気になる人にとっても嬉しいメニューとなっています。

外食やスーパーの惣菜、コンビニ弁当だと、高カロリーで塩分たっぷりな場合が多いですしね。

国産の食材が基本で、添加物も厳しく制限

野菜は全て国産で、無農薬野菜や有機野菜も使われています。

魚や肉も国産が基本で、食材の調達が難しい場合に限り外国産を使用しています。

ここまで食材にこだわっている食事宅配は、あまり見たことがないですね。

また、添加物も厳しく制限していて、合成保存料や合成着色料は使っていません。

市販の惣菜やお弁当に入っている添加物を食品ラベルで調べると、たくさん入っていてビックリしますもんね。

そういう意味でも、わんまいるの惣菜は安心して口に入れることができます。

わんまいるの食事宅配のデメリット

わんまいるはいいことだらけのように見えますが、デメリットもいくつかあります。

湯せんや皿の盛り付けが少しめんどくさい

料理をすることを考えると、湯せんは簡単です。

ただ、他社の電子レンジで解凍するのと比べると、やはり少し手間がかかります。

それに、袋から出すときのやけどに気をつけたり、皿に盛り付ける手間もあります。

湯せんだからこそ、ふっくらおいしく仕上がるのですけどね。

手間とおいしさのどっちを取るかというところでしょうか。

人によっては味付けが少し甘い場合がある

あまり料理で砂糖を使わない家庭の味になじんでいる人の場合、味付けが甘く感じる場合があるようです。

ぼくは料理に砂糖をほぼ使わない家庭で育ったので、実際にわんまいるの冷凍惣菜を食べてみて味付けが少し甘いと感じるときがありました。

でも、甘ったるい感じではなくて、少し気になる程度。

ためしに、砂糖を普通に使う家庭で育った妻に食べさせてみたところ、「うん、普通じゃない?」と言っていました。

わんまいるは塩分を控えるために、酢や砂糖、出汁を使って工夫しているので、仕方がないのかもしれませんね。

若い人だとボリューム不足に感じる

たしかにボリュームは少し控えめですね。

普段、外食で定食などをガッチリ食べている人からすると、物足りなさを感じると思います。

でも、わんまいるの惣菜にご飯とお味噌汁を合わせると、だいたい500〜600calくらいになるので、ちょうどいいくらいのカロリーです。

これ以上食べると太ってしまいますしね。

わんまいるの食事宅配を利用しているのはこんな人

わんまいるを利用している人を調べてみると、いろんな人が利用していることが分かりました。

  • 忙しくて買い物や調理をしている時間がない
  • 産前産後や単身赴任の夫のために一時利用
  • 血圧や血糖値など健康が気になるから
  • 遠く離れた高齢の両親のため

わんまりうは、忙しい人や健康に気をつけたい人、そして高齢の親を持つ人の心強い味方になっているようです。

ベジ太郎はわんまいるの評判についてこう思う

食事宅配わんまいるの評判を、メリットとデメリットに分けて解説しました。

簡単手軽においしくて健康的な食事が食べられるというメリットがありますが、湯せんの手間や味付けが少し気になる人もいるようです。

わんまいるの食事宅配では、興味がある方向けにお試しセットが用意されています。

お試しセットは主菜1品と副菜2品のおかずセットが5食入って、通常価格4600円のところ3460円となっています。

まずはお試しセットで自分の口に合うかどうか試してみるといいかもしれませんね。


わんまいるの公式ページを見てみる
わんまいるのお試しセット体験レビュー

ベジ太郎

野菜ソムリエ。野菜が好きな料理男子。決して料理おっさんではないと思い込むことにしている。詳しいプロフィールはコチラ

記事したバナー

2018年版 本当におすすめできる野菜宅配ランキング

ベジ太郎が選ぶ野菜宅配ランキング

野菜を食べるのが楽しくなる!オイシックス

野菜を食べるのが楽しくなるのがオイシックスです。

オイシックスはおいしい野菜を地方から見つけてくるのが得意です。「みつトマト」や「トロなす」など今まで出会ったことがないようなおいしい野菜と出会うことができます。20分で完成する調理キットも人気で、「料理や野菜を食べるのが楽しくなる」という口コミが多いです。また、スマホで注文の変更・キャンセルが簡単にできて使い勝手も抜群です。

有機野菜にこだわるならビオマルシェ

ビオマルシェはオーガニックへのこだわりが強く、扱っている野菜の全てが有機野菜(=オーガニック)です。

有機野菜は厳しい有機JAS規格の基準を満たさなければならないので安全性は高いです。また、西日本中心の産地、社内での残留農薬・放射能検査の徹底もしているので安心して口に入れることができます。

野菜も味の濃くておいしいものばかりのなので、有機野菜にこだわるならビオマルシェがいちばんです。

無農薬野菜なら大地を守る会

大地を守る会(大地宅配)の設立は40年前で野菜宅配の草分け的な存在です。

おいしくて安全なのはもちろんですが、野菜宅配を通じて環境や日本の農業を守ろうとする姿勢が好印象。扱っている野菜の88%は無農薬野菜で、大手の野菜宅配のなかではトップクラスの取扱い量となっています。

-食事宅配の選び方

Copyright© 野菜宅配のおすすめ比較サイト - ベジ太郎の家族と食べたい野菜宅配 , 2018 All Rights Reserved.