はじめての有機・無農薬野菜

有機野菜と無農薬・減農薬野菜の違いや基準

Fd400640

有機野菜と無農薬・減農薬野菜の違いって分かりづらいですよね。

今回はそれぞれの違いをまとめてみました。

ベジ太郎
ベジ太郎
とくに有機と無農薬は違いがあやふやだったりしますよね。

それぞれの野菜の違いと基準

有機野菜と無農薬・減農薬野菜の違いをまとめると・・・

種類 規格 農薬
有機野菜 有機JAS規格 化学合成された農薬は使用禁止
(天然由来の農薬の使用は可能)
無農薬野菜 特別栽培農産物 全ての農薬の使用禁止
減農薬野菜 特別栽培農産物 通常の栽培と比べて農薬の使用量・回数が半分以下

有機野菜は天然由来の農薬を使うことは許されている

有機野菜は3年間以上、化学的に合成された農薬や化学肥料を使わずに栽培した野菜のことです。

ここで注意したいのは、「有機野菜=農薬を使っていない」というわけではありません。じつは農林水産省が許可した比較的安全な天然由来(なたね油でできているものなど)の農薬を使うことができます。

これは野菜の種類によっては完全無農薬で栽培することが難しいという事情があるからなんですね。

この許可された農薬を基準内でどれくらい使うかは生産者次第。

でも、有機野菜を作る生産者は農薬を極力減らして自然に近い農業を目指している人が多いので、使う農薬を吟味して少量もしくは全く使わないというのが現状です。

農薬を全く使わないのが無農薬野菜

無農薬野菜は字のごとく農薬を使わずに栽培した野菜のことです。

ただし、これは栽培期間中という条件がつきます。

つまり、前の年に農薬を使った畑で作っても無農薬野菜になります。また、無農薬野菜の表示については自己申告となっています。

有機野菜のようにチェックする第三者がいないので信頼できる生産者を選ぶことが大切です。

一般的な育て方の半分以下に農薬使用を抑えたのが減農薬野菜

減農薬野菜は通常の栽培方法と比べて農薬の使用を半分以下にした野菜です。

一般的な野菜よりは農薬を使用する量は抑えられています。

ただし、通常の栽培方法で農薬を20回使用していれば、その半分の10回に減らせば減農薬野菜と名乗ることができてしまいます。

このため減農薬野菜といっても注意は必要です。

また、無農薬野菜と同じく表示は自己申告という点も気をつけたいところです

ベジ太郎は有機野菜や無農薬野菜についてこう思う

huki_1

有機野菜と無農薬・減農薬野菜の違いと基準について書きましたが、「結局、安全なのはどれなのよ!?」って思いますよね。

ぼくとしては有機野菜や無農薬・減農薬という表示だけを信じるのではなくて、信頼できる生産者やお店を選ぶことが大切だと思っています。

野菜の宅配をしている生産者や会社は表示や安全基準について公開しています。

野菜がどのように育てられて、どんなチェックや検査を受けているのかを知るのも安全でおいしい野菜を食べるための必要なことと言えそうです。

追記 有機野菜の定期宅配を始めました

dsc_0081

野菜のおいしさや安全性をいろいろ調べた結果、有機野菜を届けてくれるビオマルシェで定期宅配を始めました。

届く野菜全てに有機JASマークがついている本物の有機野菜です。

野菜好きな我が家の奥さんも満足しています。

関西(大阪)に住む僕がビオマルシェの有機野菜宅配を選んだ5つの理由野菜宅配を徹底的に調べて、最後にベジ太郎が選んだのはビオマルシェ。大手の野菜宅配の影に隠れがちですが、じつは高い実力があるビオマルシェを選んだ理由を書きます。...
ABOUT ME
ベジ太郎
ベジ太郎
野菜ソムリエ。野菜が好きな料理男子。食卓が楽しくなるおいしい情報を紹介してます。くわしいプロフィールはコチラ
本音の野菜宅配ランキング

野菜ソムリエのベジ太郎が野菜宅配を「おいしさ」「安全性」「送料」「使い勝手」「家族に食べさせたいか」の5つの基準で厳しくチェック。

自分の口で確かめたから分かる本音のランキングです。

ランキングを見てみる