はじめての有機・無農薬野菜

有機野菜(有機JAS規格)とは?特徴と基準、よくある勘違いを分かりやすく解説

食の安全を考えたときに、一度は目にする「オーガニック」や「有機野菜」という言葉。

体によさそうだというのは分かるけど、実際に普通に育てられた野菜とどう違うのか分かりづらいですよね。

今回は有機野菜の特徴と基準、そしてよくある勘違いについて書きます。

ベジ太郎
ベジ太郎
分かりやすくまとめました。

有機野菜を簡単に言うと「農薬や化学肥料に頼らずに育てた野菜」

Gatag 00013104

「有機栽培」や「オーガニック」という言葉は同じ意味で、「化学合成農薬や化学肥料に頼らずに、有機肥料などを使って土の力を活かして栽培する方法」のことです。

食の安全性で注目されるようになった有機野菜

かつての日本は食品の「安さ」が重要視されていました。

それが輸入果物の残留農薬や食品会社の不祥事、放射能の問題などがニュースで取り上げられるようになると、食品の安全が重要視されるようになって「有機野菜」が注目されるようになりました。

昔の日本は有機野菜の基準がなくて言ったもん勝ちだった

有機野菜の取り組みは欧米のほうが早く、有機野菜の認証機関も日本よりも早く設立されました。

欧米よりも遅れて有機野菜に取り組んだ日本では、有機野菜の基準があやふやで「有機野菜」の表示を食品メーカーやお店が自分の基準で付けたものがほとんどでした。

いわば「言ったもん勝ち」状態で、かつては有機野菜の信頼性は決して高いものではありませんでした。

農林水産省が有機JAS規格を定めて基準が統一された

JAS

いまの日本では、勝手に有機野菜と表示して売ると法律で罰せられます。

懲役1年以下または100万円以下の罰金!

2001年に法律が変わってからは、第三者機関が検査して認証されないと有機野菜と表示することができなくなりました。

これ以降、有機野菜と表示していいのはJAS(日本農林規格)法にもとづいた「有機JAS規格」の審査に合格した野菜だけとなりました。

有機野菜と名乗るために合格しなければいけない有機JAS規格の厳しい検査内容

有機JAS規格の検査はたくさんあるのですが、代表的なものは3つです。

①基準を守って有機野菜を作っている

有機野菜を作るための基準は農林水産省が定めた「有機農産物の日本農林規格」に書かれています。

基準を分かりやすくまとめると

  • 野菜を作る畑は2年以上前から化学合成肥料や禁止された農薬を使っていない(果物などの多年生作物は3年以上前から)
  • 栽培中も化学合成肥料や禁止された農薬を使わない
  • 栽培中に使っていい肥料や農薬は天然由来のものに限る
  • 畑や農業施設、農業用具に化学肥料や禁止された農薬が入り込まないようにしている
  • 遺伝子組換えの種を使わない

一言で言うと「化学肥料や化学農薬を使わずに育てた野菜」ということですね。

この基準を守ることが有機野菜の基本となります。

②生産プロセスをさかのぼって特定することができる

もう1つ大切なのは有機野菜を作ったプロセスを全て記録しておかなくてはいけないことです。

  • 種や苗の購入記録
  • 田畑ごとの栽培記録
  • 収穫記録と出荷記録

こうした記録が残されていて、どこでどのように作られた野菜なのかが分かるようになっていなければいけません。

これは食品で問題が起きたときに、すぐに問題の原因が分かるようにするために必要な仕組みなんです。

ベジ太郎
ベジ太郎
難しい言葉でいうと「トレーサビリティ」といいいます。

③第三者が検査する

生産者と利益関係がない第三者(有機JAS規格の認定機関)によって①と②が実施されているかチェックを受ける必要があります。

また、認証を一度受けたとしても、毎年1回の調査を受けなければ認証を継続することができません。

もっとくわしく有機野菜の基準を知りたい場合は農林水産省の有機食品認証制度をご覧ください。

有機野菜のよくある勘違い

有機野菜のことを調べたり、実際に有機野菜の宅配サービスを利用してみて、いろいろ誤解があるので正しく整理してみます。

有機野菜に農薬は使われない

「有機野菜=無農薬」というイメージを持っている人が多いですが、じつは有機野菜にも農薬を使うことが許されています。

もちろん有機野菜は化学合成農薬や化学肥料を使わずに栽培されているので、それらを使って育てられたスーパーの野菜よりも安全であることは間違いありません。

実際、2014年にチャールズ・ベンブルック教授が発表した論文では、有機野菜は従来の野菜と比べてカドミニウムと金属汚染物質の量が50%少ないと結論づけています。

有機栽培に使ってもいい農薬は天然由来のものだけ

有機野菜に使ってもいい農薬は天然由来のもので、古くから使われていて自然に分解される特徴を持っています。

また、それらの農薬は残留農薬の心配もなく、安全性の高い農薬のみ仕様が許可されています。

そもそも有機JAS規格の認証を取るほどの農家は、そういった農薬も使わずに無農薬で野菜を育てている場合がほとんど。

また、病害虫が発生してしまったときは農薬を使わずに、野菜自体を廃棄してしまうことも多いんだとか。

農薬も安くないですから、農薬を使うコストを考えると廃棄してしまうほうがコストがかからないという判断もあるようです。

まとめると、有機野菜は農薬が使われていない場合が多いですが、絶対に無農薬というわけではないということを覚えておいてください。

有機野菜は危険なのか?安全性とよくある誤解を分かりやすく解説有機野菜の安全性について調べると、「有機野菜は安全だ」「いやいや騙されるな」という議論があります。有機野菜は本当に安全なのか考えてみようと思います。...

有機野菜はおいしい

「有機野菜はおいしい」というイメージがありますが、これも誤解です。

有機JAS規格の認定の基準のなかに、「おいしさ」という項目はないので絶対おいしいというわけではありません。

同じ野菜でも作る人によって味は変わるので、なかにはおいしくない場合もあります。

とくに肥料のあげすぎで硝酸態窒素(エグみの原因)が多く含まれている野菜は、エグみが強くておいしくありません。

ただし、全体として考えるとスーパーで売っている野菜よりも、有機野菜のほうがおいしい場合が多いことも事実。

実際、有機野菜を育てるほうが土や野菜が育つ環境づくりを丁寧にやっている場合が多く、結果的においしくなります。

さきほどの農薬についての部分で紹介した論文には、有機野菜のほうが従来の野菜よりも抗酸化物質が18〜69%多く含まれているということも書かれています。

この抗酸化物質は植物特有の風味を生むため、有機野菜は風味の強い野菜になるとのことです。

有機野菜は野菜の味が濃いというのは、こうした理由のようですね。

覚えておいてほしいのは、有機野菜だから全部おいしいと信じるのではなくて、自分の口でしっかりと確かめることが大切だということです。

有機野菜とスーパーの野菜の4つの違いを徹底解説有機野菜の宅配を利用しているぼくが、スーパーの野菜との違いを具体的に分かりやすく解説します。栄養・味・価格に違いをまとめました。...

有機野菜は世の中にたくさんある

有機野菜やオーニックという言葉がたくさん出回っていると、身の回りにたくさんあるように感じますよね。

でも、じつは日本で作られている有機野菜は驚くほど少ないんです。

有機野菜は野菜全体の収穫量のうち0.2%しか作られていないんです(畑の面積も全体の0.2%)。

すっごく少ないですよね。

ほかの国と比べても、圧倒的に日本の有機野菜の割合は少ないんです。

参照:農林水産省HP「国内における有機JASほ場の面積の推移」、IFOAM 「The world of organic agriculture」

こんなにも日本で有機野菜の割合が少ないのには理由があります。

  • 日本は病害虫が発生しやすい環境
  • 有機栽培はとにかく手間がかかる
  • 有機野菜の流通の仕組みが整っていない
  • まわりの農家の理解を得るのが大変

まず、日本は多湿で病害虫が発生しやすい環境なんですね。

なので、どうしても農薬を使わざるを得ない場合が出てきてしまいます。

また、有機栽培を行おうとすると、ものすごく手間がかかるので収穫量を増やすことが難しくなります。

「収穫量=農家の収入」なので、有機栽培で収穫量を増やして収入を得るのは本当に大変なんです。

それに日本ではまだまだ有機野菜の評価が高くありません。

なので、スーパーなどでは扱われることが少なく、農家としては手間がかかるのに出荷先が少なく二重に苦しいのが現状なんです。

それに有機栽培をする場合は、隣の畑から禁止されている農薬が飛んでくることを防がなくてはいけません。

でも、日本は畑同士の距離が近くて、隣の畑の農家が協力してくれないと有機栽培ができない事情があります。

でも、隣の農家としては収穫量を増やすために有機栽培で禁止されている農薬を使う場合があるので、協力してくれなかったりモメたりすることも。

お互い生活がかかっていることなので、どちらが悪いというわけではないのですが、有機栽培の環境を整えるのは難しいということは確かです。

こうした背景があって、日本では有機野菜の割合が低いままとなっています。

ベジ太郎は有機JAS規格の特徴や基準についてこう思う

huki_1

有機野菜(有機JAS規格)の基準や特徴、安全性、おいしさについて書きました。

有機野菜にまつわる勘違いもあるので、先入観にまどわされずに自分の目と口で確かめてみるのが賢い選び方だとぼくは考えています。

自分と家族の体を作る食べ物だからこそ、信頼できる農家やお店を見つけたいですね。

追記 有機野菜の定期宅配を始めました

dsc_0081

野菜のおいしさや安全性をいろいろ調べた結果、有機野菜を届けてくれるビオマルシェで定期宅配を始めました。

届く野菜全てに有機JASマークがついている本物の有機野菜です。

野菜好きな我が家の奥さんも満足しています。

関西(大阪)に住む僕がビオマルシェの有機野菜宅配を選んだ5つの理由野菜宅配を徹底的に調べて、最後にベジ太郎が選んだのはビオマルシェ。大手の野菜宅配の影に隠れがちですが、じつは高い実力があるビオマルシェを選んだ理由を書きます。...
ABOUT ME
ベジ太郎
ベジ太郎
野菜ソムリエ。野菜が好きな料理男子。食卓が楽しくなるおいしい情報を紹介してます。くわしいプロフィールはコチラ
本音の野菜宅配ランキング

野菜ソムリエのベジ太郎が野菜宅配21社を「おいしさ」「安全性」「送料」「使い勝手」「家族に食べさせたいか」の5つの基準で厳しくチェック。

自分の口で確かめて分かった本音のランキングです。

ランキングを見てみる