自炊料理が続かない4つの理由と継続させるコツ

更新日:

ベジ太郎
自炊歴10年のぼくが自炊が続くコツをお伝えします。

一人暮らしの自炊の最大の敵は「めんどくさい」

自炊を始めても続かない理由はいろいろありますが、一言でいうと「めんどくさい」から。

自炊はお金も節約できるし、健康にもいいのですが、「めんどくさい」が積み重なって自炊が続かなくなってしまいます。

そこで次からは自炊の場面別「めんどくさい」を解説しながら、続けるコツも合わせて紹介します。

1.買い物がめんどくさくて続かない

仕事でクタクタになって帰ってきて、夕食のためにそこから買い物に行くのはとってもめんどくさいです。

自炊を続けるなら、買い物に行く回数を減らしたほうが長続きします。

我が家の場合は週1で有機野菜を宅配してもらって、スーパーに買い物に行くのは肉や魚などの不足した食材をちょっと買い足すくらいです。

野菜宅配を利用すれば、スーパーにちょくちょく行かなくていいし、重い荷物を持って帰らなくていいから、すっごく楽チンです。

野菜宅配は高くないの?

「有機野菜の宅配をしたら、食費が高くなるんじゃないの?」と聞かれますが、ぼくの場合は逆に食費は安くなりました。

スーパーで余計なものを買わなくなりましたし、買い物がめんどくさくて外食にしちゃう日も減ったので。

合わせて読みたいスーパーでの買い物が面倒だった僕が野菜宅配で楽になった

2.毎日、献立を考えるのがツラくて続かない

仕事で疲れた頭で献立を考えるのもツラいですよね。冷蔵庫の中身をチェックして、レシピを調べたり考えたりするのは大変です。

何品も作ろうと思うと、それだけで気持ちが折れそうになります。

だから、平日に作るのは1品だけにしておきましょう。

余談ですが、欧米の夕食なんて1品が当たり前です。なんで日本は「品数が多いのが正義!」みたいになってるんですかね。

作るのが大変なだけですよね。

っというわけで、平日の夕食は1品だけにして楽をしましょう。だって、自炊をしているだけで偉いんですから!

おすすめは、どんぶりやスープごはんですね。まぜごはんと具だくさん味噌汁も我が家の定番です。←2品になってるやんけ(笑)

どんぶりは、とにかく具材を炒めるだけだから短時間でできます。

何でもごはんに乗せれば立派などんぶりです!

大きめな皿に煮込んだ肉と茹でたパスタを盛り付ければ、ごちそうに。

煮込み料理も、材料を切って煮るだけなので手間がかかりません。

まぜごはんも我が家の定番。

濃い目の味付けで具材を炒めて、炊き上がったごはんにまぜるだけ。

炊き込みごはんでもいいんだけど、野菜から出る水分でベチャッとしがちなので、まぜごはんのほうが好き。

ごはんを炊いているあいだに具を炒めて、味噌汁も作っておけば完璧です。

いちばんのおすすめは、ごはんにスープをかけて食べる「スープごはん」。

大きめの鍋でたくさんスープを作っておけば、次の日は温めるだけで食べることができます。

補足1 休日に作り置きをしておく

休日で少し時間があるときは、まとめて作り置きを作っておけば平日に何もしなくても、おかずが1品増えます。

補足2 休日に1週間分の献立を考えておく

献立も1週間分をまとめて休日に考えておけば、平日に毎回考えなくても済みます。

それに余計な買い物も減りますし、使わなくて食材をダメにしてしまうということもなくなります。

補足3 最初はレシピ本じゃなくてクックパッドを見る

献立を考える参考にレシピ本を使おうと思う人がいるかもしれませんが、おすすめしません。

レシピ本はあまり使わない調味料や食材が含まれていることが多くて、使い勝手が悪いんですよね。

クックパッドなら手軽なレシピも載ってますし、主婦目線の食材や調味料なので助かります。

レシピ本もほしいという方は、料理研究家のケンタロウさんの本がおすすめ。

このレシピ本は家庭によくある食材と調味料で、すばらしくおいしいごはんが作れます。

レシピは文章だけで調理写真がないという弱点はあるものの、1000以上のレシピが載っているというコスパ最強のレシピ本です。

このレシピ本で1日3食を作っても、1年かかります(笑)。

食材別、料理方法別にレシピを探せるのも便利。「冷蔵庫に◯◯が残ってるんだけどなー」というときに役に立ちます。

ぼくは料理が好きで30冊くらいレシピ本を持っていますが、この本が1番ですね。

3.料理に時間がかかって続かない

調理に時間がかかりすぎても、自炊は長続きしません。

「こんなに時間がかかるなら、外食とかレトルトのほうがいいな」と思い始めてしまいます。

調理の時間を短縮するなら、先ほど紹介した通り献立を1品にするのがいいのですが、ほかにも効果的なことがあります。

基本的な味付けを覚えておく

和風・イタリアン・中華の基本的な調味料を覚えておけば、応用が効いてレシピを見なくてもパパっと作れます。

和風はしょうゆ・みりん・砂糖・酒・だしを組み合わせれば失敗はしません。

イタリアンはオリーブオイルでにんにくを炒めて、あとは具材を加えて炒めたり煮込めば、たいていはおいしくなります。

中華は鶏ガラスープの素、オイスターソース、創味シャンタンを組み合わせればOK!

創味シャンタンを知らない人も多いかもしれませんが、プロの料理人も使う中華の万能調味料です。

味付けに困ったら、とりあえずこれを入れておけばおいしくなります。

使いやすい調理器具を使う

使いづらい調理器具を使っていると、それだけで時間がかかってストレスになります。

個人的に買ってよかったと思っているものを紹介します。

最高のピーラーです。むきやすくて感動します。

どんな野菜もスルスルむけます。

もとは「にんじんしりしり」という沖縄料理を作るための器具ですが、これを使えば、ほどよい大きさの千切りを作ることができます。

にんじんのほかに、大根の千切りもできるのでサラダやスープの具材にするときに便利です。

包丁で千切りって、本当に大変なんで。

料理しているときに、「大さじってこれくらいかな」と分量を迷っていると、味付けがうまくいかなくて時間がかかります。

水加減に失敗すると、料理しているときのやる気がだだ落ちなので、持っておいたほうがいいかと。

あと、いちばん大切なのは包丁。よく切れる包丁を使うようにしましょう。

切れない包丁は危ないですし、料理も楽しくありません。

amazonや楽天で調べて、口コミを見ながら予算に合う包丁を買いましょう。

ぼくが使っている包丁はプロ用なので、あまり参考になりませんが念のため紹介しておきます。

野菜宅配ならシンプルな調理方法でバツグンにうまい

買い物のところで紹介した野菜宅配ですが、本当にすっごくおいしい野菜が届きます。

素材がいいから簡単な調理方法でよくて、料理時間の短縮になります。

さらに野菜の濃い味を堪能できるので満足度が高いです。

我が家ではサラダや野菜スティック、サッと茹でておひたしにしてますが、それだけで食卓の主役になれるごちそうになります。

4.最初から料理を張り切りすぎて続かない

最後のよくあるパターンは、張り切りすぎて続かないパターンです。

何品も作ろうとしたり、手間のかかる料理に挑戦して疲れてしまって続かなくなります。

楽しく感じるなら、何品も作ったり手間のかかる料理を作ってもいいですが、作って疲れてしまうようならやめたほうがいいです。

心のハードルを下げて、少しずつ自炊をしていきましょう。

最初は米を炊くだけでいいんです。それも立派な自炊です。

ベジ太郎は自炊の継続についてこう思う

自炊が続かない原因と継続させるためのコツを紹介しました。

最初はしんどいかもしれませんが、料理は作れば作るほどスピードも早くなるし、おいしく作れるようになっていきます。

紹介した方法は、どれもぼくが試してうまくいっている方法なので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

補足 ベジ太郎が使っている野菜宅配はビオマルシェ

ちなみにぼくが使っている野菜宅配は、ビオマルシェという有機野菜を宅配してくれるところです。

一人暮らし用の宅配セットもあって、送料は大手の野菜宅配と比べると格安でおすすめです。

参考大手の野菜宅配はダメ!?一人暮らしにおすすめな野菜宅配はコレ!

もし興味がある人はお試しセットがあるので、自分の口で味を確かめてみてください。

2600円相当の国産有機野菜8品が1500円(送料無料)で試せるので、スーパーで野菜を買うより安いです。

自炊をしている人には、この野菜のおいしさをぜひ味わってほしいですね。


ビオマルシェのお試しセットを公式ページで見てみる
写真付きビオマルシェ体験レビューを見てみる

ベジ太郎

野菜ソムリエ。野菜が好きな料理男子。決して料理おっさんではないと思い込むことにしている。詳しいプロフィールはコチラ

記事したバナー

2018年版 本当におすすめできる野菜宅配ランキング

ベジ太郎が選ぶ野菜宅配ランキング

野菜を食べるのが楽しくなる!オイシックス

野菜を食べるのが楽しくなるのがオイシックスです。

オイシックスはおいしい野菜を地方から見つけてくるのが得意です。「みつトマト」や「トロなす」など今まで出会ったことがないようなおいしい野菜と出会うことができます。20分で完成する調理キットも人気で、「料理や野菜を食べるのが楽しくなる」という口コミが多いです。また、スマホで注文の変更・キャンセルが簡単にできて使い勝手も抜群です。

有機野菜にこだわるならビオマルシェ

ビオマルシェはオーガニックへのこだわりが強く、扱っている野菜の全てが有機野菜(=オーガニック)です。

有機野菜は厳しい有機JAS規格の基準を満たさなければならないので安全性は高いです。また、西日本中心の産地、社内での残留農薬・放射能検査の徹底もしているので安心して口に入れることができます。

野菜も味の濃くておいしいものばかりのなので、有機野菜にこだわるならビオマルシェがいちばんです。

無農薬野菜なら大地を守る会

大地を守る会(大地宅配)の設立は40年前で野菜宅配の草分け的な存在です。

おいしくて安全なのはもちろんですが、野菜宅配を通じて環境や日本の農業を守ろうとする姿勢が好印象。扱っている野菜の88%は無農薬野菜で、大手の野菜宅配のなかではトップクラスの取扱い量となっています。

-野菜宅配の体験談・口コミ

Copyright© 野菜宅配のおすすめ比較サイト - ベジ太郎の家族と食べたい野菜宅配 , 2018 All Rights Reserved.